マーケティングオートメーションに関する理解しておきたい基礎知識

マーケティングオートメーションに関して

多くの会社から熱い視線が注がれるマーケティングオートメーションは、最近注目されています。マーケティングの活動をオートメーション化するという印象がありますが、実際的な中身はわかりづらい点があります。マーケティングオートメーションと言いますのは、顧客予備軍をまとめて管理し、多様な販売チャンネルで活用することができる仕組み、あるいはこれを可能にするソフトウェアを意味しています。ここにおける販売チャンネルと言いますのは、店頭販売のみならず、オンラインサイトやソーシャルネットワーキングサービス、Eメールなど、多種多様な販売ルートを指します。加えてマーケティングオートメーションのスタイルも複数あり、ネットワーク上で動作するクラウドスタイル、PCにインストールするソフトウェアスタイル等があります。近頃では、ユーザビリティの高いクラウドスタイルが支持を得ています。

多種多様な機能が装備されています

マーケティングオートメーションのソフトには、多種多様な機能が装備されています。そのひとつがメールマーケティングになります。こちらの機能においてはあらかじめ作成済みのシナリオを使って、効率的に顧客予備軍へメールを届けることができます。それに加えて、スコアリング、あるいはリード管理といった機能も存在します。スコアリングと言いますのは、オンライン上でのクライアントの行動履歴をデータ化する機能であり、リード管理については行動履歴、あるいは属性情報等を保存する上で利用されます。他にも、アクセスログの取得に関する機能やソーシャル機能も存在します。

マーケティングオートメーションとは、顧客の購買行動をモデル化して、その段階に合わせたマーケティング活動を担当者に行わせるツールです。マーケティングの自動化により、作業を効率化することができます。