スマホを水没させてしまったら?!

スマホの故障原因の中でも多いのが、スマホをトイレや水溜まりに落としてしまう水没事故です。スマホも他の電子機器同様に水や湿気に弱く、最悪の場合には完全に起動しなくなってしまうこともあります。スマホを水没させてしまったら、できるだけ早くスマホ修理業者に持っていくようにしましょう。しかし、中にはスマホが本当に壊れてしまったのかをチェックしてしまったために、本来ならば故障せずに済んだかもしれないスマホを完全にダメにしてしまう人もいます。スマホの水没後に、試しに電源を入れてみる、スマホ内に入ってしまった水分を排出させるためにスマホを振ってみる、スマホをドライヤーで乾かす、などの行為はしてはいけません。これらの行為はスマホ内に入ってしまった水分をより深部まで浸透させる可能性があり、無傷だった部分を傷めつける可能性があるからです。

液晶のひび割れも放置は厳禁

スマホを水没させてしまうと大慌てしてしまう人でも、液晶に入ったちょっとしたひび割れぐらいなら放置してしまうかもしれません。確かに、液晶にわずかに入ったひび割れ程度ならば、当面のスマホの操作には支障はないでしょう。しかし、わずかなひび割れとはいえ放置期間が長くなってしまうと、そこから水分や湿気が侵入してしまう可能性があります。少量の水分や湿気でもスマホ内の重要部分に侵入すればダメージは大きく、最悪の場合完全に故障してしまうかもしれません。液晶のわずかなひび割れとはいえ、発見したらなるべく早くスマホ修理業者に持っていきましょう。

スマホ修理をメーカー側に依頼する場合には、修理箇所に応じ必要となる料金が変わってきます。外装を取り替える程度なら数千円程で済みますが、ディスプレイやバッテリーを交換する場合は万を超える場合もあります。